開業に必要なノウハウはその道のプロに学べる。まずは計画を立てよう

費用と流れについ

お店の開業にあたってかかる費用

お店を開業するとなれば、どんな業種であっても土地や建物を賃貸で利用するのであれば家賃が毎月かかります。 それ以外には水道料金の他に電気やガスや電気の光熱費が毎月かかるのに加え改装などにかかる費用も必要となります。 また、開業してしまえば、例えばカフェであれば食器や調理器具や食材なども必要となってきますが、特に食材の材料費は輸入や原材料の不足などによる価格の高騰があったりするので家賃のように定額ではないため余裕を見ておく必要があります。 その上、カフェの大きさによっては人を雇う必要性があれば人件費も考えなければなりません。 ですから、開業する前に必要になる費用と開業後に必要になる費用がありますので、両方を考えあわせてどれだけ回転させるかも計画の中に取り入れて考えなければいけません。

今日までのカフェの流れ

今までのカフェはお店に入ってお茶をしながら休憩をするとか、雑談や打ち合わせ程度の話をしたり時間を合わせるために使う場所というイメージでしたが、最近はネットカフェのようにビジネスマンが仕事で外に出て、仕事をしたり休憩や息抜きのために使われている場所があったり、個室付きのカフェや早朝から開店していたり、遅い時間に閉店されるカフェも増えているので、生活に合わせてカフェを利用することもできますし、独自のメニューを開発してお客様に提供したり高級感のある雰囲気を出すことで日常とかけ離れたひと時をカフェで過ごすことで明日も頑張ろうという元気を与えてくれるようなお店など他にないものをもったカフェが続々と出てきていますので、自分の趣味や好みに合ったお店を探すのも楽しいですね。