規模を考える | 開業に必要なノウハウはその道のプロに学べる。まずは計画を立てよう

開業に必要なノウハウはその道のプロに学べる。まずは計画を立てよう

規模を考える

デイサービスはどれぐらいの規模でするのか

デイサービスとは介護保険により請求できる金額により老人の方のお世話をするサービスで最近ではケアマネジャーとの連携により更に個人に立ち入る為のサービスを模索しています。 そしてそれはノウハウとして引き継がれるようになりました。 運営方法や人の雇い方そして老人で介護保険を使っているかたへのアプローチの仕方などが全て詰まっています。 デイサービスのフランチャイズ化は時には、かと競争となってしまうために気をつけないといけません。 フランチャイズの価格としては、契約金などで300万円程が多くその後の運営費に更に何百万単位でお金が必要となりますので最初にある程度のお金がないと手を出した時につらいことになってしまいます。

介護保険を使う事業所は多数存在する

デイサービスやグループホームなど色々と介護事業はありますが老人を獲得するための営業が必要となります。 しかし患者の数は一挙に増える訳ではないので、ありとあらゆる事業の割り算となります。 一件増えるごとに取り合いがひどくなるというわけです。 それを考えるとデイサービスをフランチャイズで展開すれば、フランチャイズに参加した人達は力を合わせる事が出来るので生き残れる確率がかなり増えてきます。 もともと色々な物が持ち回り出来る職種なので、経費も少なく済みます。 一番必要なマンパワーも他店と協力しながらなら必要な人材を確保出来ていくので苦しくならずに事業を続けていけます。 デイサービスはハードな事業と言える分儲けが上がる事業ともいえます。